汚れたときの対処方法

UGGを水洗いできれいに

汚れた場合、UGGは水洗いが可能です。事前にきちんと柔らかいブラシでブラッシングして表面の汚れを落とし、清潔な冷水とスエード/ヌバック用のスポンジ、専用のクリーナーを使用して丁寧に手洗いしてください。

クリーナーは直接UGGの上に付けるのではなく、指定の割合の水で薄めて使用します。スエードは繊細な素材なので、なるべく優しくこするように心がけて、革をひっぱらないように注意しましょう。

UGGをきれいに洗う

汚れを落としたら十分にすすぎ、直射日光に当てたり、ドライヤーを使ったりせずに、風通しのいい場所で1~2日陰干しします。型崩れしないように丸めた新聞やブーツキーパーを詰めておくといいでしょう。

乾いたあとは優しいブラッシングで毛並みを整え、保護スプレーなどを使用しておくとなお良いでしょう。シャンプーやプロテクタースプレーなどは各UGGメーカーの純正品を利用すると安心です。もし上手く洗う自信がない場合には、UGGをクリーニングに出すこともできます。

UGGをクリーニングに出す
UGGのお手入れグッズ

UGGの水洗いの仕方

下はオーストラリアのオーセンティックアグブーツによる水洗いの仕方の参考動画です。実際には必ずシャンプーやクリーナーの使用方法に従って洗うようにして下さい。

※ 見られない場合は時間を置いて再度お試し下さい。

UGGを洗うときにしてはいけない事リスト

  • 洗濯機で洗わない
  • 衣類用の洗剤や柔軟材を使用しない
  • 強くこすらない
  • クリーナーをUGGに直接付けない
  • ドライヤーを使用しない
  • 直射日光の当たる場所で乾かさない
  • 乾燥機に入れない




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする