価格でUGGの偽物を見分ける

価格が安すぎるUGGは要注意

日本へ輸入する際に本物の革靴には関税が一足あたり最低4,300円かかります。これはWTOが定めているものでUGGも例外ではありません。一定の条件を満たした業者さんには割引制度もありますが、それでも2,000~3,000円は課税されます。

海外購入の際の関税について

さらに海外からの送料に加えて、ブランド品ですので保険もかけるでしょう。もちろん利益も乗せなければなりません。さらに最近の円安もありますので、ほとんどの場合UGG Australiaのクラシックショートの正規品が1万円台前半で買えることはないはずです。ただし、オーストラリア産UGGのなかには正規品でもそのくらいで入手可能なものもあります。

UGG Australia 価格が安すぎる

偽物UGGの仕入れ価格

偽物の卸し売りをしている業者が海外には多く存在しますが、そのようなところでは皮毛一体の偽物でも大体4,000円~5,000円から手に入ります。そのため1万円程度で売れば十分に利益が出ているのですね。一言でいえば「おいしい商売」になりますので、日本でも偽物の販売があとを絶ちません。

正規品のUGGを安く買う方法は?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする