UGGの偽物を宣伝するスパム

SNSを悪用するUGGの偽物のスパム

不審なオークションの出品物やオンラインショッピングサイトは以前から無数に存在していましたが、最近は新たな手口が流行しているようです。それはSNSを悪用したUGGの偽物の宣伝と購入の誘導です。

偽物UGGのFacebook乗っ取りスパム

具体的にはFacebook、Twitter、LINEなどのコミュニケーションツールのアカウントを乗っ取り、その人物になりすまして投稿やタグ付けなどを行い、登録されている友人・知人に偽物UGGの購入をすすめるというものです。受け取った側は一見、知り合いからの紹介に見えますのでつい応じてしまうケースも少なくないそうです。

スパム投稿に関するご注意(UGG Australia公式)

UGGを絶対にSNSを通じて買わない

先日もiTunesのプリペイドカードを購入させる手口や、レイバンのスパム広告が話題になりましたが、そのUGGバージョンと考えると分かりやすいと思います。偽物UGGの広告の特徴は他の見分け方と同じように、怪しい日本語や公式と似ているけれど異なるURLなどですが、基本的にUGGをSNSを通じて一切購入しないのが一番です。

アカウントの乗っ取りは基本的にパスワードの流出によって発生します。そのため、パスワードの複雑性を強化したり、サイトごとに変えるなどといった対策が有効です。

他のサイト名を利用した偽物UGGサイトも

また、同様の不正行為による宣伝として、別のサイトの完全コピーを利用した偽物UGG販売サイトへの誘導方法も確認しています。そういったサイトは別のサイトのコンテンツをそのまま全てコピーし、不正な手段でGoogleやYahoo!などの検索エンジンを騙すことで、検索結果に出てくる本来のサイトのリンク先を置き換えてしまいます。そのリンクから自分の偽物UGG販売サイトへと転送をするという仕組みです。

当サイトのスパム被害

こういった行為に対してはできる限りの対応策を随時取っておりますが、もし検索結果の当サイトの名前の入ったリンクから不審なUGGのショッピングサイトが表示された場合には、購入をなさらないようにご注意をよろしくお願い致します。

正規品のUGGを安く買う方法は?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする