UGGのサイズの選び方

UGGは悩んだら少し小さめで

UGGのサイズについては、基本的には普段履いている靴のサイズに応じたものを選べば問題ありません。試着できるようなら、歩いても羊毛と足全体が隙間なくピッタリしているサイズをお選びください。特別緩めが好きということがなければ、二つのサイズで迷った場合には小さい方を選ぶといいでしょう

UGGは革靴なので伸びてきます

シープスキンブーツは革靴なので、履いているうちに性質上少し伸びてきます。それに内側のボアもなじんで足形に寝てきますので、最初からあまり余裕を持たせてしまうと徐々にかかとが浮いてきてしまいます。ただ、もし厚手の靴下などを併用したい場合にはその点は考慮するようにしてください。

US (Ladies) EU UK 日本サイズ
5 36 3.5 22.0-22.5cm
6 37 4.5 23.0-23.5cm
7 38 5.5 24.0-24.5cm
8 39 6.5 25.0-25.5cm
9 40 7.5 26.0-26.5cm
10 41 8.5 27.0-27.5cm

※ 同じサイズ表記でも国やメーカーによって実寸が大きく異なる場合があります。ご購入の際には商品の交換ができるショップを利用することをおすすめします。

なお、よく併記されるその他の寸法は下記のようなものがあります。

UGGの寸法

ショートやロング、ミニなどといったそれぞれ丈のUGGを履いたときの実際の見た目の違いにつきましては、こちらの身長別ブーツ丈ガイドが参考になりますのでぜひチェックしてみてください。

“私のサイズ”で着用感をチェック! 身長別ブーツ丈ガイド

緩い場合はUGG専用の中敷きも

購入後にサイズが大きすぎて交換もできないようなときは、中敷きの利用を検討してみてもいいでしょう。履き心地の変わらないUGG専用の中敷きもメーカーが販売しています。値段はUGG Australiaのもので$15(約1,600円)となっていますが、日本国内ではもう少し高いかと思います。オーストラリアのブランドもそれぞれお値打ちに純正の中敷きを販売していますのでチェックしてみてください。

UGGのインソール




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする