UGGってどんなブーツ?

UGGは羊の毛皮100%の高品質ブーツ

UGGとは高品質な羊の毛皮を使ったブーツを指す総称で「アグ」と読みます。羊の毛皮のことを英語でシープスキン、フランス語でムートンと言いますので、UGGは基本的にシープスキンブーツ、ムートンブーツとも言い換えることができます。

可愛らしいデザインと抜群の保温性、そして履き心地の良さを兼ね備えており、現在世界中で大人気の定番フットウェアとなっています。

UGGの写真

※ 日本ではムートンブーツというと安価なフェイク素材の製品を指すケースがあります

UGGの語源はUgly Boots

オーストラリアで1920年代に登場したUGGブーツは当初、羊毛刈りの職人さんたちの間で広まりました。彼らは当時、まだ洗練されていなかった自分たちの不恰好なブーツを、格好悪いブーツという意味の「Ugly Boots」と呼んでいました。

UGGという名称はこれに由来するのですが、その後、あまりの履き心地の良さから、次第に一般の人々にも履かれるようになっていったのです。

おしゃれと機能性を両立したUGG

冬には驚くほど暖かいUGGですが、通気性に優れているため春や秋にもほとんどムレることはありません。子連れのお出かけや遊園地デートのようなヒールを履きたくない場面でも、軽くて疲れにくく、しかも様々なファッションと相性のいいUGGなら悩む必要はありません。

可愛くておしゃれで羊毛100%の高級感もあり、しかもとにかく便利。UGGが一時の流行に終わらない理由はそこにあるのでしょうね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする